注目キーワード:ナイトアイボーテ、ミセルD-ライン、二重記念美
二重美容液はかぶれにくい

メザイクはどんな二重アイテムなの?

メザイク(MEZAIK)はファイバーを使った二重アイテム

アイテープやアイプチは、まぶたを接着させて二重にするアイテムですが、メザイクは、極細のファイバーをまぶたに食い込ませることによって、二重ラインを作るアイテムです。

メザイク(MEZAIK)は、二重まぶたにした時に、その他の二重アイテムのアイプチやアイテープよりも比較的目立ちにくい特徴があります。

ファイバーは、繊維質で出来ていて、粘着糸の様なものだと思ってください。

この粘着糸は、「びよーん」と、とっても良く伸びるんです。

メザイク粘着糸を、二重ライン上に、左右に引っ張って伸ばしながら、力強く貼り付けます。

気付くサッチー6

メザイク(MEZAIK)のメリット

メザイクは、アイプチやアイテープに比べて、皮膚に接する面積が小さいので、まぶたの皮膚への負担が軽くなります。

アイプチやアイテープでは、そこに含まれる接着剤による刺激でかぶれをおこしたり、取るときにまぶたに負担をかけてしまうことを考えると、メザイクはかぶれにくい二重アイテムだと言えます。

その秘密は、アイプチやアイテープはまぶたを貼り合わせて二重を作る方式なのに対して、メザイクはファイバーをまぶたに食い込ませて二重を作る方式なので、接着面積をファイバーの細い表面部分だけにすることができるからです。

メザイクには、もっと良いことがあります。
それは、目をつむってもバレにくいことです。

アイプチなどでは、目をつむったり、下を向いたりすると、アイプチが見えてしまいますが、メザイクはあまり目立たないのです。

さらに、アイメイクも普通にすることができるので、こちらも魅力的です。

ただし、一つ難点があります。

腫れぼったい分厚いまぶたでは、メザイクが取れてしまうことがあるのです。

接着面積が小さい分、接着力が弱いのです。

虫めがねで見るサッチー

メザイク(MEZAIK)をうまく付けるコツ

メザイクの使い方には、いくつかコツがあります。

最も重要なコツは、メザイクを付けるときに引っ張りながら力強く貼り付けることです。

力が弱いと、うまく二重ラインができませんので、慣れるまでは、何度かやってみて、力加減の感覚を覚えてください。

メザイクを、上手に使いこなす方法と詳細なコツを、まとめました。 メザイク下手が解消する使い方のページを参照してください。

メザイクは、色々なメーカーから発売されています。

お値段も様々ですので、自分に合ったメザイクを探してみましょう。

先生サッチー

おすすめの二重美容液ランキング

  • ミセルD-ラインジェル
    5

    ミセルD-ラインジェル

    2回目以降を考えると、少しだけお値段高いのですが、成分が充実しています!

    比較的まぶたが分厚い人でも、二重にできる様です。

    内容量が、最も多いので、安心して使えます。

    価格

    1,980円(初回)、4,480円(2回目以降)

    内容量

    9mℓ

  • 二重記念美
    4.5

    二重記念美

    お値段が安いのに、内容量が多いのが評価されます。

    返金保証制度があるのも、うれしいです。
    (公式サイトから購入した時だけ)

    価格

    3,120円(単品購入価格)、2,980円(定期購入価格)

    内容量

    8mℓ

  • ナイトアイボーテ
    4

    ナイトアイボーテ

    とても有名で、販売実績も多いのが、評価できます。

    使いやすいハケと、高級感のある外観もポイントです。

    小さくてかわいくて、持ち歩いても、気づかれません。

    価格

    2,980円(WEB限定特別割引価格)

    内容量

    3mℓ