<二重まぶた美容液のイチオシ新製品‼>
ドリーミンアイリッチ↑↑ドリーミンアイタッチ詳細はこちら↑↑
自力で二重にする手順と方法をまとめました。

多くの人に、効果があると思いますので、ぜひ試してみてください。

皆さんの手助けになれば、うれしいです。

 

自力でクッキリ二重にするには根気が必要です

まぶたの状態は、人によって様々です。

二重になりやすい人もいるし、なりにくい人もいます。

あなたも、ひょっとすると、二重になりやすい、まぶたのの持ち主かも知れないのです。

本物のクッキリ二重になれる方法を試してみませんか?

でも、すこし根気が必要です。

最低3ヶ月は、継続する自信のある人は、トライしてみましょう。

継続に自身の無い人は二重整形を考えてみる

継続する自信が無くて、それでも二重になりたい人は、最初から、二重整形で二重にする道を選んだ方が良いかもしれません。

二重整形を踏み切るには、親への説得や、ダウンタイムの確保など、クリアーすべきことがたくさんありますが、すぐに二重になれる最も確実な方法ですので、検討されたら良いと思います。

看護婦サッチー

自力でクッキリ二重になる方法のステップは二つ

一重まぶたや奥二重の目元を、自力でクッキリ二重にするには、2つのステップを進めることが必要です。

  1. 二重になりやすいまぶたに変える。
    (まぶたを薄くする。)
  2. 薄くなったまぶたに、二重ラインを癖付けする。

一重や奥二重の原因は、主に遺伝によるものなのですが、太ってしまうなどの生活習慣も、要因の一つとして挙げられています。
(原因の詳細はTOPページのなぜ自分は一重や奥二重なのか?を参照してください。)

一重や奥二重のメカニズムは、「目を開けた時に、まぶたが分厚いことが原因となって、まぶたを畳み込むことができないために、目を開けてもまっすぐな平らなまぶたの状態をキープしてしまい、二重にはなれない」と言うものです。

ですから、自力でクッキリ二重にするためには、まぶたの厚みを薄くしなければなりません。

そして、薄くしたまぶたの、適切な位置に、二重ラインを定着させます。

二重ラインの位置は、決して無理をしてはいけません。

バリバリの一重だった人が、欲張って、憧れている理想の二重まぶたの、例えば、幅広の平行二重になろうとしても、それはかなり難しい事なのです。

自分の目元に合った二重まぶたを探して、二重ラインをつける様にします。

先生サッチー

【クッキリ二重になる方法①】まぶたの脂肪を少なくする

まぶたが分厚くなっている原因は、主に2つあります。

原因の一つは、まぶたの中についている脂肪で、遺伝や生活習慣によって、多くの脂肪がまぶたにつくことで、まぶたが分厚くなります。

もう一つの原因は、むくみです。むくみの成分である水分がまぶたに溜まり、まぶたを分厚くしてしまいます。

この項では、まぶたの脂肪を少なくする方法について、説明することにします。

まぶたを温めて代謝を高める

まぶたとその付近を温めると、まぶたの血行がを良くなり、まぶた付近の代謝を促進して、自然な脂肪燃焼の効率を高める事ができます。

  1. ちょっと熱めの蒸しタオルを、まぶたに載せます。3分程度そのままにして、まぶた付近を温めます。
  2. 次に水や氷で冷やしたタオルを、まぶたに載せて冷やします。1分程度そのままにします。
  3. この蒸しタオルと冷やしたタオルを、交互に3回程度繰り返し、最後は蒸しタオルで終了します。

蒸しタオルは、電子レンジで作ると簡単に作れます。

濡れたタオルを電子レンジに入れて、30秒ほど温めると出来上がりです。

マッサージするサッチー

まぶたをマッサージする

マッサージの前に蒸しタオルで温めるか、ふろ上がりで温まっている内にマッサージを始めるなど、まぶたを温めた状態でマッサージをするのが、効果的です。

二重マッサージの効果についてのページをご覧ください。

代謝を高める温冷タオルをした後に、続けてマッサージするのも良い考えです。

マッサージの際には、マッサージクリームやオイルを使った方が、皮膚にやさしいので、準備してください。

眼球の上側部分になりますが、親指の腹の部分を眉毛側に押し当てて、骨を感じて下さい。

そして、人差し指を眉毛の上に置いて、目頭部分から目尻方向へ移動しながらマッサージします。

力はあまり入れなくて良いです。

(眼球に力が加わらない様にして、骨を押す感じでマッサージしてください。)

10回程度マッサージしたら、今度はまぶたそのもののマッサージに移ります。

目をつむって、人差し指の腹部分で、目頭付近から、目尻方向へとマッサージを進めます。

コメカミ付近まで来たら、指を止めて目を開けます。

こちらのマッサージも、眼球に力が加わらない様に、やさしく撫でる感じで行います。

5回程度マッサージしたら完了です。

指がコメカミ付近に来た時に、目を開けると目が二重になっていると思います。

最後に、そのコメカミ付近で指を止めた状態で、目を開けて3分ほどその状態をキープします。

注意: くれぐれも、眼球に力を加えない程度の弱い力でソフトに行ってください。

詳細は、二重マッサージの方法のページをご覧ください。

お風呂に入るサッチー

まぶたの筋トレをする

目元のダイエットのために、まぶたの運動をします。

お風呂の中で、まぶたの運動をするのがおススメです。

まぶたが温まった状態で、ダイエット運動をするのが効果的なので、お風呂で出来なければ、蒸しタオルで目を温めてから、始めましょう。

まぶたの運動と言っても、まばたきなんです。

よく考えてみれば、まぶたの筋肉が動くのは、まばたきをする時ですよね!

ですから、まぶたの筋トレは、まばたきすることなんです。

力強く目を開けて、目をつむる。

何回とは言いません。

お風呂に浸かっている間中、力強くまばたきを続けて下さい。

まばたきして、1分くらい経ったら、目を思いっきり閉じて、5秒から10秒休みます。

そしてまた、力強いまばたきを始めましょう。

この筋トレは、思ったよりも大変なんですよ!。

でも、その効果も絶大です。

数週間、毎日まじめに続ければ、自分でまぶたを見て「少しくぼんできた…!!」っと思えるほどの変化が現れます。

気付くサッチー6

【クッキリ二重になる方法②】まぶたのむくみを予防する

まぶたが厚くなる原因は、脂肪だけではありません。

まぶたの厚みには、むくみが大きく影響を与えています。

むくみを予防しないと、せっかく二重になれても、また一重に戻ってしまうかも知れません。

塩分控えめの食事にする

人は、塩分はが無いと、生きていけないのですが、塩分の摂り過ぎは、色々な身体的な問題の原因になります。

気を付けていても、外食が多くなったり、インスタント食品を多く食べるていると、塩分を摂り過ぎてしまいますよね。

まぶたの慢性的なむくみを解消する方法のページで、原因や防止法について、細かく説明していますので、こちらも参考にしてください。

身体は、まぶたに限らず、塩分を摂り過ぎると、むくみやすくなるのです。

食生活を見直して、塩分控え目になる生活を、目指しましょう。

利尿作用の高い食べ物の、キュウリ・アボガド・ほうれん草などや、はと麦茶などの飲み物を積極的に摂取する様にして、水分も十分に摂る習慣をつけましょう。

これらの食べものは、余分な塩分を、尿と共に体外に排出する効果があります。

アルコールを取り過ぎない

アルコールを摂ると、トイレが近くなりますよね。

すると、必要以上に水分が排泄されてしまうために、体が脱水状態となってしまうのです。

このとき、体は脱水症状の危機状態になったと判断して、のどに渇きを感じさせ、さらにお酒を飲むか、水を飲む...と言った行動を取らせます。

その結果、必要以上に、水分を摂ることになるのです。

さらに、アルコールは、血管を膨張させるので、血管から水分が出やすくなって、むくみが出やすくなります。

悪いことに、お酒のおつまみは、たいがい塩分の多いものなので、こちらも問題ですね。

〆に、塩分の多いラーメンを食べるなんてことをすれば...最悪です。

残念がるサッチー

カフェインを取り過ぎない

コーヒーなどのカフェインの多く入った飲み物を取ると、利尿作用を担う重要な物質であるカリウムを、体外に出してしまいます。

利尿作用の高い食べ物を紹介しましたが、これらはカリウムの多い食品なのです。

カフェインを多く摂ると、せっかく摂ったカリウムが体外に出てしまいますので、コーヒーや濃いお茶などは、ほどほどに飲むようにしましょう!

カラダを温める

身体を温めるのは、血流をよくするのが目的です。

身体全体が活発になれば、血流も活発になり、体内にある余分な水分や老廃物が、血流で効率的に回収されて、排出されます。

不要な水分や老廃物が、蓄積されにくくなるため、むくみの防止につながります。

お風呂にリラックスして入って温まったり、軽い運動などをして、血流を良くしましょう。

ファイトのサッチー

【クッキリ二重になる方法③】まぶたを癖付けする

まぶたに癖付けするには、最初に自分に合った二重ラインを決めることから始めます。

自分の目の状態を確認せずに、自分が思い込んでいる理想の二重ラインに決めてしまうと、なかなか上手く行かない結果になることがありますので、自分に合った二重ラインを決めることは、とても重要です。

二重ラインが決まったら、そのラインに二重癖付けをしていきます。

自分に合った二重ラインを決める

「自分に合った二重ラインを見つける」と言う意味は、自分のまぶたが、畳み込まれやすいラインを探すことです。

この二重ラインは、人それぞれ違ってくるので、一概に言えませんが、日本人の場合は、末広型のラインの場合が多いです。

ヘアピンかクリップなどの、細長いもので、先が尖っていないものを用意します。

楊枝など、先鋭が鋭く尖ったものは危ないですから、使わないでください。

ヘアピンの場合は、丸まった方の根元部分を使用し、クリップの場合は、クリップを広げて伸ばして、第1関節部分の曲がったR部分の背を使用します。

目を開けた状態で、ヘアピンやクリップなどを、目頭の方から目尻の方向へなぞってみます。

力を入れすぎると、まぶたや眼球に悪影響がありますので、加減しながらなぞります。

まぶたをなぞると、まぶたが一番畳み込まれやすい位置で、二重のラインが形成されます。

このラインが、自力で二重にする二重ラインになります。

ヘアピンなどでなぞって、二重のラインができたら、その状態で、目を大きく見開いて、上目使いにしましょう。

そして、できた二重ラインが消えない様に、頑張って維持する練習をしてみましょう。

二重ラインが消えてしまったら、またヘアピンなどでラインを作って、目を見開きます。

これを繰り返すと、二重ラインをまぶたに覚えさせることが来ます。

虫めがねで見るサッチー

二重ラインの癖付けはいつ始めるの?

いよいよ、二重ラインの癖付けをする段階まで来ました。

これまで、二重にする方法を、順番に書いて来ていますが、二重ラインの癖付けを含めて、全部一緒に始めてしまっても構いません。

元々、脂肪がそんなに多くない人は、いきなり二重ラインの癖付けから初めても、十分な効果が現れます。

逆に、自分に合った二重ラインが、まだ定まらない人は、まぶた脂肪を落とす所から、時間をかけて進める必要があります。

二重美容液で癖付けする

二重ラインを定着させる一番効果的な方法は、夜寝ている間に、二重癖をつけてくれる二重美容液を使用する方法です。

夜寝る前に、二重美容液を使って、自分に合った二重ラインで固定します。

朝起きるまで、目をこすらないことが重要なポイントになります。

朝になれば、二重美容液はオフします。

寝ているときは、まぶたの動きがあまりなくて、目がつむった状態(薄目が空いた状態になることがあります)なので、癖付けに適した条件なのです。

アイプチなどの二重のりを、夜使用することも可能なのですが、おススメではありません。

ほとんどの場合、アイプチは昼間も使っているのだと思いますから、まぶたの負担が大きすぎるのです。

かぶれて、問題になるケースが多くありますので、二重美容液を使うことにしましょう。

二重美容液には、かぶれる成分のラテックスが入っておらず、皮膚に良い美容成分や保湿成分も含まれているので、かなり安心して使用することができます。

アイプチの代わりに、昼間も二重美容液を使うと、さらにまぶたにやさしくなります。

おススメのアイテムは、ナイトアイボーテ二重記念美です。

ナイトアイボーテの使用方法や、二重記念美との比較などについて、別ページで解説していますので、参考にしてください。

おすすめの二重美容液

  • ミセルD-ライン

    ミセルD-ライン公式サイト

    少しだけお値段高いのですが成分が充実!
    比較的まぶたが分厚い人に向いています。
    内容量も多くて安心して使えます。

  • ナイトアイボーテ

    ナイトアイボーテ公式サイト

    有名で販売実績の多いのが評価されます。
    使いやすいハケと高級感ある外観もポイント。
    持ち歩いても気づかれません。

  • 二重記念美

    二重記念美公式サイト

    内容量の多いのが評価されます。
    返金保証があるのもうれしいです。
    (ただし、公式サイトから購入した時だけ)

まぶたの状態によりますが、早い人では、数週間から3ヶ月くらいで、何もしなくても、ナチュラルな自力二重ラインが維持できるようになります。

OKサインのサッチー

注意

  • 自力でクッキリ二重になれるまでの期間には、個人差があります。
  • もともとまぶたが薄い人は、簡単に二重になれることが多いですが、まぶたが分厚い人は、まぶたの厚みがなかなか薄くならず、自力では二重になれないケースもあります。

クッキリ二重になる方法の関連記事まとめ

自力でクッキリ二重にする関連記事

【クッキリ二重になりやすいまぶたにする】

【二重ラインを癖付けする】

【自力クッキリ二重 よくある質問】